Give and Take 与えて受け取るのほんとうのところ。

Give and Take。聞いたことはあって、

意味はなんとなく知っていますよね。

なんとなく・・・一つ与えたら一つ見返りを受ける。

 

これだと、ちゃんとわかっているとはいえないようです。

 

わたしの尊敬するメンターのT氏はとにかく与える人

「えっ。。そこまで!?」と思うほど

惜しみなく与え続けています。

 

そうして、大きな収益をあげているにも

関わらず、いつも謙遜でいて太っ腹。

 

このかたのネットビジネスに当てはめると・・・

give&give&give・・・・・どこまでもgive

与えて与えて与え続ける。そして本当に必要なタイミングで

大きなtakeを頂ける。ということになります。

 

多くの人がT氏のところに集まり、信頼を得て

指導をしています。

 

 

私たちのネットビジネスは、必要としている人に 

価値のある情報を届ける

そんな役割があると思っています。

 

そのなかで

 

それはとにかく「絶えず与え続ける」ということです。

価値のある情報を与えを続けるんです。

 

有料のものであれば

価格の10倍の価値があるものを提供すると

意識していくということです。

 

 

無料であれば「これが無料でいいの?」と

思ってもらえるものを提供することです。

 

人間の心理に「返報性の法則」というものがあります。

名前は難しそうなひびきですが

簡単な心理です。

ふつう、人は他人から何かをしてもらうと

お返しをしなければならないという心理が働きます。

 

相手に好意的に与え続けることで

あなたへの好意の貯金が増え続けて

大きなギフトを頂けるということになるのです。

見返りを期待しない

 

あきらかに見返りを期待していることがわかると

がっかりしてしまいます。

 

たとえば、本当に困っているときに

何の見返りもなく、充分すぎる何かをあたえられたら

なんとしても、相手に多くの恩返しがしたいと

そう、思います。

でも、見返りを期待すると、イライラしますよね。

あれだけのことをしてあげたのだから・・・と

恩着せがましくなってしまう。

そうなると、いくらあたえても人は離れていってしまうのです。

 

takeはgiveの結果

 

恩返し → 自然の流れ。

頂いた方は与えられたことを返すという自然の流れ。

 

giveに徹したあなたには

充分すぎるtakeが押し寄せてきます。

 

成功している人のほとんどが

与えている人です。