プライド

 

プライドっていったい、何でしょう?

 

こちらが動画解説です。

 

いい意味にも悪い意味にも

使われることがありますよね。

 

よくつかわれる言い回しとしては

「プライドを傷つけられた!」ってあります。

 

こういう場合の

“プライド” とは誰かに自分をアピールしたり、

自分を守るためのものだったりします。

 

ですから、プライドを傷つけられたら

自分を否定されたと意気消沈するか

逆に反げきしないではいられません。

 

私自身は

 

これだけはゆずれないみたいな

プライドって持っていないと思っているのですが

 

会社で働いていたころは

どうしてもプライドを持たずには

いれないことが多いです。

 

それなりの地位につくと、

自分より立場が下の人に対して

見栄をはったり、

 

自分より立場が上である上司に対して

理解できないことに反感を持ったり・・

 

会社で働いていると、そうやって

自分を守るために、構えていなければ

ならないことが多いんですよね。

 

そんな

誰かと競う、誰かに従うということから

解放されるネットビジネスで生きていると

 

自分が生きたいままに行動し

実践することができますが

 

決して “プライド” を
持たなくなったわけではないです。

 

他の人に対して見せびらかすための

プライドはなくなりましたが、

自分はこうありたいという

“自分であり続けるためのプライド” は

持ち続けています

 

 

わたしはかつて

コンサルをうけたことがあります。

まぁまぁの高額でした。

このコンサルを提供しているひとは

申し込むまでは、羊のようにおだやかで

とても親切にしてくれたのですが

申し込みを完了したとたん

一番最初に言った言葉が

「わたしに依存しないでくださいね」

でした。

いきなりで、驚き一気に不安になりました。

態度が急変し、何かを相談しても

高圧的な態度であまり親身になって

教えてくれるという感じではなかったのです。

高い勉強代になりましたが

このひとのコンサルをうけることを辞めました。

 

そのときに、わたしはもし将来

コンサルをする立場になっても絶対に

受けてくださる方に喜んでもらえるような

コンサルをしよう!と決めました。

 

嫌なんです。わたしから発信したことで

誰かががっかりするのって。

 

わたしから発信したことで

ハッピーになって欲しいんです。

 

だから、自分はこうやっていくという

ポリシーと言ってもいいと思いますが

 

これを持ち続けること。

そしてそれに反することは絶対にやらない。

 

自分の大切なブランディングって

そういうことから出来上がるものだとおもうんです。

 

あなたには、いつも良いものを

お届けできるように

がんばりますね!