私はずっと「電子書籍はよさそうだけど、やっぱり紙の本の方が

読みやすいからいいな」そう思っていました。

でも、実際に電子書籍を手にして使ってみたら、

そのメリットの多さに驚き、チョット紙の書籍に戻れないかもと

感じているところなんです。

 

その電子書籍のメリットを少しご紹介しますね。

 

検索が出来る

この検索ができるところは最大のメリットだと感じています。

*気にかかっていた文章を探す
*「節約」について書かれていつところだけを読みたい

紙の本なら一から読み直すか、「たしかこのあたりだったかな?」と

探さなければなりませんよね。

これはまぁまぁ時間がかかりますが、電子書籍ならあっという間に

目的の文章にたどりつけます。

 

キーワード検索だけでなく、目次を見て読みたいページへ

ワンタッチで飛ぶこともできます。

どのページを見ている最中でも、すぐに目次一覧を表示できる点も、

電子書籍ならではの検索機能ですね。

 

しおり機能でいつでも読書を再開できる。

電子書籍リーダーにもどこまで読んだかを記録してくれる

「しおり機能」が備わっています。

途中で読書を中断しても、またそこから再開できるのは嬉しいですよね。

マーカー機能や付箋機能で、重要部分を記録

教科書などで、気になった文章には、アンダーラインやマーカーを引くと思います。

また、重要なページにはふせんを貼って印を付けます。

でも、紙の書籍にはもったいない気がしてしまって

せっかくの本が「汚れてしまう」そう思うと気軽には引けませんよね。

でも、電子書籍の場合は気にせずマーカーを引いたり、ふせんを貼り付けられます。

また、必要なくなったラインはいつでも削除できます。

もちろん、消し跡が残ることはありません(笑)

そして検索機能と同じ様に、

「マーカーを引いた文書一覧」、「ふせんを貼ったページ一覧」を

見ることができ、ワンタッチでそのページに飛ぶことができます。


読書をしながら重要な部分に線を引き、後から線を引いた位置だけを

まとめてリストに表示できるので、とっても便利です。

 

なんといっても軽いし省スペース

電子書籍は、一台の電子書籍リーダーに数千冊もの本を保存しておくことができます。

これが家の中にとなると図書館状態になってしまいますね。

一台の電子書籍リーダーにすべてを集約することで

「あの本どこにあったっけ?」と探す必要もなくなります。

 

持ち歩き楽ちん♪

電子書籍リーダーには、片手に収まる文庫本サイズのものもあります。

何千冊もの書籍を、ポケットに入れていつでも持ち歩けます。

でも、電子書籍リーダーなら、各種辞典と、読みたいマンガ、

そして最新の雑誌、ベストセラー本などをすべて1つにまとめて、

ポケットに収めて持ち歩けるわけです。

 

文字の拡大ができる

私が父に電子書籍を進めるキッカケになったのはこの機能があるからです。

スマホで拡大する要領で指で広げる事が出来ます。

スマホで拡大すると文字がボヤケたりすることがありますが、

電子書籍リーダーはそのままくっきりとした文字が大きくなるので、

お年寄りの方でもメガネいらずで本を読むことができます。

 

24時間365日いつでも本が買える

通常ですと本屋さんに行って、目的の本を探してレジに並んで…とか

通販サイトで本を買って2~3日待てば自宅に届く…とか
そのようなわずわしさはありません。

電子書籍リーダーがあれば、端末からオンライン書店にアクセスし、

24時間365日いつでも読みたい本が買えます。

 

いかがでしたでしょうか?何でもかんでも便利なものをと

抵抗していたことが結構無駄なことだったなと思えました。

 

応援しています。

おおいに聞いてみたいこと何でも気軽にお問い合わせくださいね♪

必ずお返事しますよ。

スノーパウダーウォッシュ