SNSってなに?と言うところにいる方もあると思いますので
動画も使って説明をしていきたいと思います。

 

SNSは人と人のつながりをインターネットを通してサポートする

コミュニティ型のWebサイトのことです。

友人知人感のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり

サービスを提供していくものでもあるんですね。

では、動画で詳しく解説をしていきます。

 

どのSNSを使うか

これはビジネスをしていく上で重要です。
 

なぜならSNSにはそれぞれ特徴があり、

向き不向きというのがあるからですね。
 

というわけで今回主要3大SNS
 
・Twitter
・Facebook
・Instagram

の特徴や違いについてお話していきたいと思います。
 

これを踏まえて、
自分のビジネスや活動に活かしてください。
 

 

Twitter

 

まずはTwitterです。
 

Twitterはユーザー層もわりと広く、

主に10代〜20代の男女に広く使われています。
 


140文字という字数制限もあるため気軽につぶやける良さがあるので、

投稿自体も軽い気持ちで出来ますね。
 

他のSNSと比べても、手軽さ、気軽さがあるので

「ネタ要素(2ちゃんねるっぽい)」が強い投稿(つぶやき)やアカウントが人気です。
 

また、面識がない人同士でも気軽にフォローができるので

ガンガン繋がっていける良さがあります。

 

タイムラインに特殊なアルゴリズムがなく、

ただひたすらにつぶやいた順に投稿が表示されます。
 

そして何といっても、良くも悪くもRT(Retweet)で

一気に拡散する力があります。
 


使い方としては、手軽さを利用してガンガン繋がっていく

(フォローしていく)のが良いでしょう。

 

Facebook

次はFacebookです。
 

Facebookは、年齢層が高めな感じ。若い人が全くやってないわけじゃないですが

 

実名登録ということもあって使い方に気軽さがないため

つながりにくさはありますが濃く繋がれるといったところです。


 そしてTwitterよりは、1つ1つの投稿に重みがあります。
 

情報発信の宣伝としても使われていたり、

ビジネス的なつながりも多い感じがありますね。
 

これは逆に言えば、

ビジネス的な投稿をしやすい環境でもあるということです。


 拡散力に関してTwitterに比べると弱いですが、

「シェア」があるため拡散しないわけではないです。
 

時系列ではなくて仲が良い人の投稿が載りやすいというところがあります。
 

ただただ友達の数を増やすというよりは、

濃い友達、ビジネスパートナーを作っていくことが大切と考えられます。
 

Instagram

 
3つ目はInstagramです。
 


世界規模ではTwitterのユーザー数を上回るSNS

日本でもものすごいスピードで使われています。

機能面もドンドン進化しているために

使う方も楽しさが増していってます。
 

最近、日本のInstagramが公式に広告を載せます!と声明を出した事から、

さらにビジネス的用途が高まる可能性が高いですね。
 

Instagramの特徴は「写真SNS」なので、

若い世代や女性がとても多いこと。
 

そして、写真は言語を超えるため、

海外のユーザーにもリーチできることです。

 

驚くほど近くにいる感じです。
 

料理、カメラ、アート、ファッション、アパレル・・・

そういうのが自分のビジネスだったり、

ビジネスに絡んでくる人はぜひ使っておきたいですね。
 

また、広告も写真メインなので、

あまり「広告臭」がしないという良さもあります。
 

Twitterと同様に投稿順に掲載されますが

RTやシェア機能がないため拡散しずらいということ。

 

じゃあ、どうやって自分の投稿をリーチするのかというと、

「ハッシュタグ」がカギになってきます。
 

インスタユーザーも「ハッシュタグ」を検索してくるため、

投稿にたくさんハッシュタグをつけましょう。
 

30個までつけられるので、

なるべくフル活用することがオススメです。
 

「自分はどのSNSに向いていて、力を入れるべきか」を定めてくださいね。

 

大変よいものではありますが

メディアに振り回されないことは大切です。