SEOってむずかしそう?めんどうそう?

 

SEOと聞くとなんだか難しそうと思って

なかなか手をつけようといない初心者のかたが多いですね。

 

ネット上にかかれているものをみるとたしかに

横文字だしむずかしそう、めんどくさそうという

イメージはありますね。

 

今回は、はじめたばかりのかたでもわかりやすい

SEOのことを解説していきますね。

 

SEOってなに?

 

SEOとは『Search Engine Optimization』の略称で『検索エンジン最適化』という意味です。

 

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自分のサイトを

一番最初のページの上の方に表示させるためのテクニック

(作戦)のことを言います。

 

検索エンジンは様々な種類があるのですが、

一番有名なのがGoogleとYahoo!です。
 

上記二つは検索エンジンのシェア90%と言われています。

でも、この検索で上位に表示されるための条件やルールというのは

公開はされていないんです。

 

あくまでも、こうやったら順位が上がるだろう、

これをやったら順位が下がるだろう、という予想でしかないということですね。

 

でも、ある程度はわかってきていますから

やらないよりはやった方が効果があります。


 SEOはなぜ必要なの?

 

SEOを使って検索上位に行くことはアクセスを呼ぶために必要なことです。

集客の大切な基本になります

 

検索エンジンは基本的に一番上のサイトが見られます。

あなたも検索した時はそうですよね?

 

一番上のサイトに知りたい情報があれば、その下のサイトは

見られることはありません。

 

一番上のサイトから下に行くにつれて、見られる割合は下がっていきます。

つまり、SEOで上位表示しないとアクセスが集まらないどころか、

気付いてもらうこともできないのです。
 


2つのSEO対策  

SEO対策には2つあります。
 

ふたつとも大事なのですが、

今の時代は良質でユーザーの役に立つコンテンツが求められているので

内部SEO対策にウエイトを置いたほうが良いですね。

 

1.内部SEO対策
 

内部SEO対策とは自分のサイトの質を上げるです。

記事にしてもつながるコンテンツにしても

ボリュームに質にちゃんと作り込むということです。

そうすることが、自然とパワーアップすることになります。


いわゆる正攻法ですね。
 

【内部SEO=自分で作り込んで強くする】
 

2.外部SEO対策
 
外部SEO対策は裏ワザ的なSEO対策のことです。
 

外部SEO対策はサイトの外部からパワーをもらうというイメージですね。

あなたのサイトのURLをあなた以外の人のサイトに貼ってもらう

【外部SEO=周りの力も借りて強くなる】
 

これからのSEO対策について

 
昔は自分のサイトに外部SEO対策の被リンクを

ばんばん付けていけば上位表示できたのですが、今の時代は逆に

順位が下がってしまいます。ペナルティですね。
 

過剰な外部SEO対策はスパム扱いを受けるので危険です。

これからの時代はいかに内部SEO対策をうまくやっていくかで決まります。
 
 
中身のないコンテンツに過剰外部SEO対策をやって検索上位に行っても

サイトを見て閉じられたら意味がありません。
 

とはいえ、普通の外部SEO対策は今でも確かに効果があります。
 

やり過ぎるとすぐにGoogleに気付かれて、

検索順位が下がってしまうので、長期的に使っていきたいサイトには

自作自演の外部SEO対策はしない方がいいですね。
 

ただ、ここで注意しないといけないことは、

SEO対策は時代によって変化するということです。
 

昔は有効だったSEO対策は今では使えなくなり、

今使えるSEO対策は未来で使えなくなる、といった現象が起こる可能性もあります。
 

常にアンテナは立てておいて変化に対応できるようにしておいた方がいいですね。
 

未来のSEO対策はとにかく価値のあるコンテンツを

作っていくことだと思います。
 

ユーザーが喜んでくれるようなコンテンツを作れば、

自然な被リンク(自分のリンクを貼ってもらえる)がたくさん付き、

結果的に検索上位にいきます。
 

この良質なコンテンツを作り続けることこそが、一番のSEO対策だと思います。

 

これなら、難しくもめんどくさくもなく

とりかかれますよね♪  

 

応援しています。