クロージングスキルについて学んで行きましょう♪

 

今回も有料商材のクロージング(読者と契約を結ぶ)について

学んでいきましょう
 

今回のテーマはステップメール内に

「審査する工程を設ける必要性」というテーマでお話していきたいと思います!

 

 

ステップメールに審査工程を組み込もう!

 

さ、いよいよステップメールで

あなたのコンサルを受けたいという読者さんが現れました!
 

その時あなたはどうしますか?

売りたい売りたい売りたいという感情が表に出ちゃってませんか?

 

ちなみにそれじゃ、売れないです^^
 

では、どのようにしていくか。売りたいという感情をぐっとこらえて

そこから審査工程に入っていきましょう!
 

具体的な審査工程の手順

 

審査工程は以下の3ステップで行います。
 
1.申し込み

2.二次審査(書類審査)

3.最終審査(Skype面談)

 

実は、この流れちゃんとした効果のある流れなんです。

その話を次の章でしましょう!

 

ステップメール内で審査工程を加えるメリット

 

1.コミットを増やす(一次、二次、最終・・)

コミットを増やすことで、成約率は大幅に上がるという話でしたね。
 

詳しくははこちらの記事をご覧ください

ステップメールでコミットを重ねていく効果
 

2.確実に稼げる方だけを抽出可能


やはり行動をしてくれない方は稼げません!

そして稼げない方がたくさん出るのは大きなリスクになります。

行動に移せない人は重荷になりますからね。

 

そういった意味でも審査工程は確実に設けることをお勧めします。
 
 

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

応援しています!