DRMってなんのこと?

(ダイレクトレスポンスマーケティングの略称)

 

メールを使って、

「それはなに?」

「そういうことなのか」

「それは自分に大切。自分に必要だから欲しい」

 

というように段階をふんでお客さまに興味を持ってもらうため

買ってもらうための作戦のことです。

 

それがDRM  ダイレクトレスポンスマーケティングです。

 

いきなり商品を買ってもらうためではなくて

まずは、反応をもらってお客様とコミュニケーションを

取ることを第一にします。

 

コミュニケーションはお客様は何が欲しいのか知ることもですが

個人で商品を売るというときに

まずは信頼してもらうということがなによりも

大切だからなんですね。

 

大手化粧品メーカーの商品と、どこのものかわからないような

化粧品では、多くの人が大手化粧品メーカーの物をえらびますよね。

 

人は信頼していない人から商品を買うことはないんです。

 

だから、お客様がどんなことで悩んでいて、どんなものが欲しくて

解決したいと思っているのか理解して

信頼を得ることで、ビジネスをうまく展開していけるということです。

 

DRMってどんなことをしていくの?

DRMの実践のステップとして

*集客

*教育

*販売

この3つのステップがあります。

 

集客

集客はそのままの意味で、お客さんを集めていくことです。


お客さんがいないとビジネスは成り立ちませんからね。

 

具体的には・・・

ブログ、動画、無料レポートなどをつかって情報を発信し

自分のことを知ってもらいます。

 

自分のブログや動画、無料レポートにたどり着いた人というのは、

自分の名前で検索してきてくれたのではなく、

何か知りたいことがあって、たまたま来てくれただけです。

 

つまり、この時点ではお客さんにとってこの情報を教えてくれる人は

誰でもよかったわけです。

 

なので、ここで自分のことを知ってもらい、たくさんいる人の中のひとり

という認識から抜け出していく必要があるわけですね。

 

そこで、メールマガジンに登録をうながします。


こうすることによってお客さんに自分のことなど、

密度の濃いメールを送っていけるようになります。

 

教育

メルマガに登録していただいたら次は教育をしていきます。

 

この教育ではもっと自分のことを知ってもらって

共感したり理解してもらいます。

 

お客さんがもし何かに悩んでいた時、

「この人なら何とかしてくれるかも」と思ってくれるように

情報を伝えていきましょう。

 

販売

 お客様が実際になにかに悩んでいたときに
 
「これを使うとその悩みは解決できます」と
 
商品の提示をします。
 
 
お客様は、教育のステップをうけているので
 
商品を買ってくれます。
 

*ここで重要なのは、絶対に買ってくださいと押し付けるのではなく、

こんな商品がありますと提示するだけにとどめることが大切です。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは、

個人で大きな成果を出すために必須になりますので、

基礎から理解しビジネスに取り入れていきましょう!

応援しています!

 

今回の記事でわかりにくいことや、聞いてみたいことがありましたら

お気軽に