ブログは記事を通して読者に役に立つ情報を

発信するためにありますが

いざ、自分がブログを書くことになると何をかいたらいいのか

わからなくなって、手が止まってしまう人がいます。

 

「何をかいたらいいかわからない」

ブログのテーマは決まっていてテーマに関連する内容を

書いていけばいいものですが

実際に書き始めると

「こんな内容で読んでもらえるのだろうか」

「役に立つだろうか、反応はあるのだろうか」

こういった気持ちがわいてくるんですね・・

 

 

たしかに記事を読んでもらって読者の役に立つことが

もっとも大切なことですが

あまり、「これでいいのだろうか」

    「役に立つのだろうか」「反応はあるのだろうか」

ということに囚われすぎはいったんやめましょう。

 人に読んでもらう、役にたつ記事を書くのはあなたですから

あなた自信が身につく、役に立つことでなければその記事に

共感してもらいにくいし書いていて苦痛では書き続けることが

できませんね。

自分の体験したことが記事になる

あなたがかつてサイトを作る過程で困ったこと

それを解決できたこと

解決するのに使った方法や助けになったアドバイス

こういったことがあなたのチョット後にいる人には

ためになるし。役に立つ情報ということになるんです。

 

検索エンジンでたくさん検索されていることを

調べて記事にすることももちろんできますが

あなたが実際にこまったりしたことはどんなことで

どこいらへんでつまづいたのか

わからなくなったのかという詳細な感覚は

実際に体験した人でしかリアルには書けませんので

相当価値のある、役に立つ記事になるわけです。

 

かっこいい理想スタイルのマネはいらない

あなた自信のカッコ悪い症例をどうクリアしていったのか

ドンドン出して行きましょう。

初期の初期でしかやらかさないこととか

ちょっと進んできて調子が付いてきた頃に出くわす問題とか

これまでのあなたのやってきたことをちょっと

棚卸しのように書き出してみてください。

 

結構たくさんあるはずですよ。

 

それを書けばいいんです。

 

そういったリアルへっぽこ騒動が1番「反応があって役に立つのです」

 

さぁ、あまりスタイルやどう思われるかなんてそっちに置いて

書き出してみてくださいね。