よくこんな文章を目にしませんか?

 

『たった1通のメールで1000万を叩き出した方法!!』

 

そうなんです。

 

たった1ページで1000万円を売り上げているセールスレターがあります。

 

 

なんだろう?を取り入れる

文章の中に「えっ?なんだろう」と思わせる表現を取り入れます。

人は疑問に思ったり、ちょっと気になったことって

そのままにしておけないんです。

何なのか知りたい。解決したいという深層心理があるからです。

 

それを利用しちゃいましょう!

同じことを言っているんだけれども、表現のしかたで

完結してしまっているものと

「えっ?なになに」と興味を引く表現があります。

 

例:コピーライティングはとても活躍する文章術です。

これを使えばどんな商品も売ることが出来ますし

マスターすれば生活にも困りません。

 

特に、なにもないそつなく書かれた文章ですね。

 

次はこちら

コピーライティングを使えばたったの5文字が

3680円ほどに変わります。ですから

400字詰め原稿用紙いっぱいで約30万円になる

こういうわけです!!

 

どうでしょうか。伝えたい本筋は一緒なんですが

後の文章のほうが興味をひきますよね?

 

長々と説明するよりも、テクニックをさらっと使って

グッっと読者の興味をひきつけるほうが効果があります。

 

さっきの質問に答えてくれましたか?

人間の脳は質問されると、無意識に答えを探します。

そして一度答えを探し始めると

答えを見つけるまで気が済まないのです。

だから、質問をすることで、文章を最後まで読んでもらえる

可能性がかなり高くなるんですね。

 

これも心理学の世界では有名な「コミットメントと一貫性」

というものです。

 

文章の中に質問形式の文章を入れ込んでおくと

読者を最後まで引き込んでいくテクニックです。

 

コピーライティングのテクニックはとてもたくさんありますが

身近なところのこの2点をさり気なく使って

あなたのファンを増やしていってくださいね。

 

応援しています♪

 

コピーライティングのことやほかのこと

何でも聞いてみたいことありましたら

こちらからどうぞ