3つのONEとは、セールスレターやメルマガでの
成約率をあげるために1つのことに絞っていくという

コピーライティングのテクニックのことです。

 

セールスレターを書くときってどうしてもいろいろな

情報を詰め込みたくなってしまいます。

 

でも、それって実は逆効果なんです。

 

つまり情報を絞って読者が混乱しないようにするための

3つのONEは次のようなことです。

 

One Market  (ワンマーケット)・・・ 1つのマーケットで

One Message (ワンメッセージ) ・・・ 1つのメッセージを送り

One Outcome   (ワンアウトカム) ・・・ 1つの出口を作る

 

では、一つずつ説明していきます。

 

One Market  (ワンマーケット)

 

これは1つの市場という意味で、1つのセールスレターで販売する商品の

ジャンルを1つに絞るということです。

例えば、ネットビジネスのアフィリエイトでも

 

・メルマガアフィリエイト

・YouTubeアフィリエイト

・ブログアフィリエイト

(ブログアフィリエイトでもジャンルがたくさんありますね)

 

アフィリエイトだけでも、たくさんのジャンルに分かれます。

どれに絞るのかということも必要になりますね。

 

色々なジャンルをゴチャ混ぜでやっていくと

お客様の反応が悪くなり


ターゲットにしたいお客様も

引き寄せられなくなりますので


具体的にしっかりと絞り込んでいきましょう。

 

One Message (ワンメッセージ)

 

この意味はそのままですね。

1つのコピーに対して1つのメッセージですね。

 

人の脳にはたくさんの情報を与えても脳が処理しきれません。

すぐに忘れてしまうので1つのメッセージだけを
シンプルに解りやすく伝えていく必要があります。

 

1つのメールにたくさんの物があると「結局何がオススメなんだ!?」

ということになってお客様は見るのも嫌になってしまいます。

 

必ずメッセージは1つのものに絞ってやっていきましょう。

 

One Outcome  (ワンアウトカム)

 

これは1つの出口という意味です。

 

1つの市場を決めてメッセージを送ったら
その市場の必要なもので出口を作っていきましょう。

 

例えばですが

アフィリエイトをしたい商品があるのであれば


ブログやメールにその商品のリンクをひとつだけにして


サイトなどに飛ぶようなリンクはいれないようにして


シンプルにその商品のリンクを1つだけにすることで
成約率も上がっていきます。

 

これは、メルマガのテクニックにも使えます。

 

メールのリンクのクリック率を上げるために
1メールに1用件が非常に重要です。

リンクも同じようにシンプルに1つに絞ります。

 

このように3つのONEをこれを意識することにより

読者に混乱したり迷ったりしないようにすることで

クリック率は上がっていきますので意識しておいてくださいね。