今はコンテンツに

動画や音声を盛り込むことが多くなってきます。

そこで、動画や音声で気をつけておくポイントを
いくつかご紹介します。

 

押さえておくポイント

・はじめにどういう内容なのかを伝える

・少し早口が最適

・YouTubeは短めがいい

・きちんと編集する

・フリートーク調にする

 

1:はじめにどういう内容なのかを伝える

最初にこの動画や音声をきくと

こんなメリットがある!と伝えるのです

 

メールも同様でタイトルや最初の一行が

しょぼければその後は見てもらえませんね

 

2:少し早口が最適

まったりのんびりと話されるとひとは一瞬

イラッとします。あなたにも経験はありませんか?

 

ですから、少し早口くらいが最適なのです。

 

ポイントは

名詞にアクセントを置くと聞きやすくなります。

 

明るくハッキリと喋りましょう

 

3:YouTubeは短めがいい

それはYouTube側も

動画が最後までみられているのかをチェックします。

 

最後までみられない動画は

評価が低くなってしまうのです。

 

それと、だらだらとはなしていると

あきられてしまうので要点をしぼって

短めに仕上げるのがいいでしょう。

 

4:きちんと編集する

 

動画を撮り終わったら必ず編集をします。

あー、うーとか

見苦しい部分や余計な雑音(ノイズ)をカットして下さい

 

これは基本ですがマイクは集音マイクを使います。

 

5:フリートーク調にする

 

フリートークの方が感情を込められますし

自分の体験談や失敗談なんかを盛り込めば

オリジナルのコンテンツが出来上がります。

 

原稿があるとどうしても読んでる感じになって

つまんないものになるので

フリートークを意識して下さい。

その方が説得力が増しますよ!

 

ぜひ これらのことに気をつけてみてくださいね。