メルぞうの審査に通る秘訣・ポイント

無料レポートスタンド「メルぞう」にレポート掲載依頼をして

一発で審査を通るためのポイントを解説します

ある程度の審査基準は明記されていますから

しっかり把握しておきます。

審査基準は『メルぞう』『Xam』とも同じです。

 

メルぞうが明記している掲載NGになる理由

1:誰が作ったのかわからないレポート(作者名。メールアドレスは必須

2:レポート内にリンク切れがある

3:著作権、肖像権に触れている

4:誰かを非難するなど人を不快にする内容がある

5:以前出したレポートを少し変えただけで出している

6:1~2ページ程しかない内容の薄いもの

7:アダルト系の内容

8:その他、不適切と判断された場合

とくに赤字のものは厳しく見ているそうです。

 

審査に通るコツ

審査に通るコツはいわゆるNG項目のことをしっかりと

押さえておけばいいということになりますね

発行者情報の不足

名前(メルマガ発行者)連絡先のメールアドレスは必須

◇メルマガのURLとメルマガタイトル

◇ブログのURLとブログタイトル

こちらも記載しておいたほうが良いです。

これは、発行者情報を明記する意味合いとともに

レポートを気に入ってくれた方が訪問して

くれるかもしれませんので、ぜひ載せておきます。

 

登録したメルマガ情報と記載したメルマガの内容が違う

レポート掲載依頼の画面で選択したメルマガの内容と

発行者情報として載せたメルマガのタイトルは

必ず同じものにします。

 

自分の画像でも写真は載せない

『著作権、肖像権』の問題から掲載出来ません

自分の写真ならと思うかもしれませんが

自分であるということがわかるのは、自分だけですので

確認がとりようありません。

著作権フリーのサイトからダウンロードしたものも

同じ理由でNGです。

とにかく人物の画像はダメです。

 

リンク切れしているリンクはないか確認

wordでレポートを作成してPDFに変換したら

必ずすべてのリンクが正しいリンク先に飛ぶか確認を

します。

 

レポートをダウンロードする人数や日にちを限定しない

『今しか手に入らない!!』とか『限定!』という

内容のものはNGです。

(掲載されている間は)いつでも誰でもダウンロードが

出来るという状態でなければなりません。

 

まとめ

しっかり確認したけれど審査に通らなかった場合

「どんな理由で審査に通らなかったのか」を

個別に教えてもらえるのは

・プラチナ会員

・シルバー会員

・旧ゴールド会員の方のみです。

上記の会員になるとレポートを週に2本まで

掲載申請出来るようになるのでチャンスも増えてきます。

 

以上のことを注意してどんどんレポートを作って

掲載していきましょう!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ